「わかば幼稚園」、「わかば幼稚園未就園児クラス」に関するお問い合わせは、お電話またはメールでお願いいたします。

受付時間:平日午前9時~午後5時

メールへの返信は、翌開園日以降
に順次返信いたします。

わかば幼稚園 > 自己評価公表シート

自己評価

理念・教育目標

保育教育理念    愛のある心と思いやり


0・1・2歳児

1.安心して預けられ、イキイキと成長が出来る教育・保育の提供。
2.あいさつの出来る子に育てる。
3.自立心を育てる。
4.愛のある心を育てる。

3・4・5歳児

1.健康な心体と不屈の精神を育てる。
2.自立心・積極性に富み、自分で考える力を育てる。
3.情操豊かに、愛のある心を育てる。
4.豊かな表現のできる子に育てる。
5.社会性を身につけ、正しい知性を育てる。

認定こども園としての目標

1. 1歳から就学前の子どもに対する教育並びに保育を必要とする子どもに対する保育を一体的に行い、これらの子どもの健やかな成長が図られるよう適当な環境を与えて、その心身の発達を助長するとともに、保護者に対する子育ての支援を行うことを目的とする。

 

 2. 乳幼児は、愛のある思いやりを理念に、子どもの育ちを援助し、満3歳からは、健康・人間関係・環境・言葉・表現の五領域を総合的に無理なく指導し、小学校教育との一貫性を持った教育を提供する。

評価項目と取組み状況

評価項目 取組み状況
認定こども園としての特徴を出し、年齢に応じた無理ない活動の提供が出来ているか ・3号認定こども
今年は、未満児入園した子たちが、初めて就学を迎えた。
0歳児さんから年長児まで、無理なく成長してくれていると思う。
ただ、未満児保育室と以上児保育室が離れているため、保育中の接点は、以上児の園にに遊びに行ったりして体験はしているが、3歳児から大幅に人数が増えるため、すぐに馴染めなかったところがあった。
他はおおむね年齢にあった活動ができたのではないか。
・1・2号認定こども
教育認定と保育認定の子どもたちが一緒に生活しているが、違和感はなく保育はできている。
教育時間後も、2号認定こども達も元気に過ごせている。
日々の保育教育においては、もう少し、時間的余裕をもって行えるような工夫や見直しが必要と思える。
保育教諭間の連携がとれ、お互いが協力し合い、子どもたちの生きる力を獲得できるような体制が取れているか
職員間の共通理解は、取れるようにしているが、まだまだ足りない部分がある。
実体験を多く取り入れたく、そのためにも更なる共通理解が必要になってくると思える。
食物アレルギーへの対応

毎月、給食業者さんとの話し合いを持ち、食材・調理、味付け等検討し、アレルギーのあるお子さんの保護者さんとは、懇談を持つようにしている。

エピペンの保管場所については、全職員が把握できるようにし、エピペン摂取の研修等を行ってい る。

子育て支援の取組 ぴよぴよクラス(2歳児教室) ころころらんど(2歳児親子)
ぴっころランド(1歳児親子) 0歳児リトミック(外部委託)
園庭開放、保護者対応のカウンセリング等 まあまあ充実していると思える。
小学校との連携 就学先の小学校の授業参観や小学校の先生方との話し合い等行っているが、まだまだ子供たちの共通理解をしていくには 足りないと思える。

評価

時間的ゆとりを持つことが反省点として多く上がったが、活動内容の計画を立てる段階での見直しが必要である。

他のクラスの参観等行い自分の保育を振返りを行う。

体験活動の前に、その活動の内容等十分に検討・理解していくことが大切である。

アレルギー対応については、引き続き十分な配慮を行う。

研修に可能な限り参加し、保育教諭としての資質の向上に努める。